読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是傾き 韓国編

食べたり、走ったり、見たり、聞いたり、活動いろいろ。韓国での出来事あれこれ。

旅の終りとキムチフル・ワンダーランド

韓国キムチの旅。最終日11月21日。お昼ごはんを終えると、一行は列車に乗り込みました。駅前の伝統市場のそぞろ歩きが気持ち良かった、光州の過ごしやすい気候も、ソウルの駅に降り立つと、私たちは韓国を北上してきたんだな、と肌で感じられるほど風が冷たくなっていました。これは、大陸からの冬の訪れ?

11月24日。東京は朝から雪が降りました。初雪です。11月としては54年ぶりの観測だったとのこと。あのときソウルにいた寒気が東京まで追いかけてきたのでしょうか。

帰国して、ほんの1週間ほどしか経っていないのに、キムチにどっぷり浸かった韓国の3日間が懐かしく感じられます。時の経つのは早いけど、名人の伝統半ドンチミキムチは我が家の冷蔵庫で、まだまだゆっくりじっくり熟成中。世代を経て脈々と受け継がれているキムチは、急がない。焦らない。

 

キムチを漬ける。キムジャン。寒い冬が訪れると、韓国では野菜を漬けて冬越しさせる。キムジャン前線は、既にソウル(11月27日)から南下しつつあります。韓国では、今日もどこかで誰かがキムチを漬けている。光州のキムジャン予想は12月12日。その頃、我が家の名人キムチも食べ頃でしょうか。

【2016年 キムジャンをするのに適した日の予想 】WeatherI 社 提供

f:id:beach-village:20161129195913j:plain

 

キムチで繋がる。

今回の旅では、aT 韓国農水産食品流通公社の皆さまをはじめ、株式会社 SG ツアー様と現地ガイドさん、運転手さん、カン・ジョンスク名人とご家族の方々、キムチフェスティバルとキムチ研究所の皆さま、多くの方々に大変お世話になりました。カムサハムニダ

特に公社の皆さまには、出発前から、さらに帰国後も、大変お世話になりました。世界キムチ研究所の案内員の方にバッサリ縦割りにされた質問を繋いでくださったり、ブログ執筆にあたり知りたい情報を探してくださったり、丁寧かつ迅速な対応に心より感謝いたします。

初対面にしてキムチフルな3日間を共に過ごしてくださった20人のブロガーの皆さま。楽しかったです。ありがとうございました。キムチで繋がったご縁。不思議ですね。

 

最後になりましたが、拙い文章を読んでくださった皆さま、ありがとうございました。

韓国キムチのワンダフルな旅。これにてお開きといたしましょう。

 

           ー完ー

f:id:beach-village:20161129211808j:plain

【羅州のカン・ジョンスク名人とお嫁さん】